Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe (A4)

Oyasama, die Stifterin der Tenrikyo

この世の助かりの道である天理教の教えは教祖である中山みき様によって始められ、私たちは「おやさま」とお呼びしている。また、「おやさま」は「月日のやしろ・ひながたの親・教祖存命の理」という3つの観点から説明することができる。 Oyasama, die Stifterin der Tenrikyo

Das Ziel unseres Lebens ist, das Frohe Leben zu verwirklichen

親神様は人間が陽気ぐらしをするのを見て共に楽しみたいと思われ、人間をお作り下された。そのため、私達人間が生きる意味(目的)は互いに助け合いながら、明るく陽気に暮らすことである。私達人間がおのような生活をしていれば、神様も喜んでくださり、活気に満ちた世界と導いてくださるのである。 Das Ziel unseres Lebens ist, das Frohe Leben zu verwirklichen