Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe Schwierigkeiten als Anlass zu unserer gegenseitigen Hilfe (A4)

苦難乃是互助的契機

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 苦難乃是互助的契機 苦難乃是互助的契機 (A4)

難儀はたすけあいの契機

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 難儀はたすけあいの契機 難儀はたすけあいの契機 (A4)

難儀はたすけあいの契機

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 難儀はたすけあいの契機 難儀はたすけあいの契機 (A4)

어려움(고생)은 서로 돕기의 기회

天理教では、「見るもいんねん、聞くもいんねん」と教えられます。 それは、周りに見せられる出来事を、他人事とみなすのではなく、自分にも大なり小なり関係があるとする受け止め方です。ある人の身に起こった事柄を、その人だけの問題とせず、周囲の人々にも、それぞれ差はあれど関わりがあると捉えるのです。 そうすると、親神様がそのような難儀を見せられるのは、人間同士のたすけ合いを促すためではないか、との考えにたどり着きます。 어려움(고생)은 서로 돕기의 기회 어려움(고생)은 서로 돕기의 기회 (A4)