おやさとふせこみ科

2018年度 おやさとふせこみ科入学案内

1.教育目的

おやさとふせこみ科の教育目的は、海外教内子弟を将来それぞれの国においてリーダー的役割を果たす有為なるよふぼくに育成することにある。

2.修業年限

1ヵ年。

3.募集要項

1)入学定員 20名

2)出願資格

次の条件をいずれも満たしていることとする。

①本国で正規の課程による12年以上の学校教育、またはそれに準ずる課程を修了した者。

②海外の教会長・布教所長の子弟、またはそれに準ずる者で、入学時によふぼくの者。

③本校日本語科卒業(見込み)の者、または「日本語能力試験」N2(または2級)以上に合格した者。

④卒業後、将来自国においてお道の用務に従事する予定の者。

3)出願期間

2017101日〜31日。但し、日曜日、祝祭日は除く。(1026日は午後より受け付ける)

上記の期間以外は、いかなる理由があっても受け付けない。

4)出願先

天理教語学院事務室

5)出願書類

①入学願(所定用紙)

・本校日本語科卒業見込みの者、及び出願時に日本に滞在している者は、天理教海外部の担当地域課長の承認署名を得ること。

・母国より直接出願の者は、その国、地域を管轄する本部拠点(伝道庁・出張所・連絡所)長と 面接の上、拠点長の承認署名を得ること。

②履歴書(所定用紙)

③ 就学理由書(所定用紙)

④出願者に関する説明書

⑤健康診断証明書(所定用紙)

本校日本語科2017年度卒業見込みの者は不要。

⑥最終学校の卒業(見込み)証明書、成績証明書

本校日本語科2017年度卒業見込みの者は不要。

⑦「日本語能力試験」N2(2級)、または、N1(1級)に合格した者はその認定書のコピー

⑧作文(題名『わが家の信仰と私の信仰』)

800字以上1200字以内、本人が日本語で書いたもの。

⑨顔写真2枚 (縦4 ×横3

3ヵ月以内に撮影した無帽、正面、無背景のもの。

6)入学検定料

5,000円(所定の郵便振込用紙にて振り込む)

7)出願上の注意事項

①提出書類に不備があれば受理されない。

②提出書類は日本語で記入すること。(名前を除く)

③結婚等で名前が変わり『卒業証明書』『日本語能力認定書』等の名前と異なる場合は、同一人であるという証明書を添付すること。

④一旦受理された出願書類および入学検定料は合否を問わず返却されない。

⑤提出書類の記入事項に虚偽があれば出願資格を失う。

8)入学選考

①書類選考

②日本語試験1118日の午後実施する。

③教義試験 1120日の午後実施する。

④おてふり試験 1121日の午後実施する。

⑤面接  1128~30日実施する。

※出願時に日本に滞在している者は、日本語科在学生同様、上記日程で試験、及び面接を受けること。

※母国(及び日本以外)からの直接出願の者は、最も近い本部拠点(伝道庁、出張所、連絡所)にて試験、及び面接を受けること。

9)合否の通知

合否は書面をもって通知する。合格者の内、入学手続きを済ませた者に入学許可書を交付する。

10)旅券の取得

旅券は、個々の責任において保持、または取得すること。

11)在留資格の変更・更新、または「留学」査証の取得

①すでに日本に滞在している者

本校が「在留資格変更」、または「在留期間更新」申請の事務取扱を行う。

②これから「留学」査証を取得し、来日する者

本校が本人に代わって「在留資格認定証明書」を取得し、本人宛に送付する。本人は、「在留資格認定証明書」と旅券を持って在外日本公館に申請し、「留学」査証を取得する。

4.教育課程

1)授業科目

①天理教教義

「三原典」について理解を深め、「教典」・「教祖伝」に親しみ、おてふり・鳴物・祭儀式の修得に努める。

②日本語及び日本文化の学習

③実習

1.海外部各課

2.おつとめまなび、にをいがけ、福祉体験、少年会活動

3.境内地清掃及び境内実習

4.布教実習

5.教会実習

2)学期の区分

1年を前期、後期に区分する。

3)その他

教会本部修養科(7月~9月)

5.入学式

201846日(金)

6.学費その他

入学金:30,000

教材費:20,000

授業料:免除

詰所生活費・生活諸費:海外部より助成

修養科入学経費(7月~9月):全額本人負担

原則として全員各所属教会詰所より通学すること。

特別を除き在学中の帰国は認めない。