Өгөөж идээ

食べ物のめぐみ 天理教の教祖「おやさま」は、「菜の葉一枚でも、粗末にせぬように」と教えられました。これは,単に節約が美徳であるという意味ではなく、親神様のご守護により与えられるものを決して無駄にせず、ありがたく頂戴する、という意味が含まれています。 またおやさまは、魚を食べる時には、「おいしい、おいしいと言うてやっておくれ」とも言われました。 一つひとつの尊い命を私たち人間に捧げてくれている、魚や動物たち。それをまずいなどと文句を並べるのは、せっかくの命を軽視するだけでなく、親神様のお心を無視することにもなります。 天理教では、形のうえでの戒律はありません。何かを守るという姿勢よりも、積極的に喜び勇んで生きることのほうが大切です。食べ物についても、タブーのようなものはありません。すべては親神様のお与えですから、「ありがたい」と感謝して頂くことがよいとされています。 食べ物の恵みを通じて、親神様のご守護を日々味わわせてもらう。これが、天理教を信仰する者の大きな喜びの一つです。 Өгөөж идээ Өгөөж идээ (A4)

食べ物のめぐみ

食べ物のめぐみ 天理教の教祖「おやさま」は、「菜の葉一枚でも、粗末にせぬように」と教えられました。これは,単に節約が美徳であるという意味ではなく、親神様のご守護により与えられるものを決して無駄にせず、ありがたく頂戴する、という意味が含まれています。 またおやさまは、魚を食べる時には、「おいしい、おいしいと言うてやっておくれ」とも言われました。 一つひとつの尊い命を私たち人間に捧げてくれている、魚や動物たち。それをまずいなどと文句を並べるのは、せっかくの命を軽視するだけでなく、親神様のお心を無視することにもなります。 天理教では、形のうえでの戒律はありません。何かを守るという姿勢よりも、積極的に喜び勇んで生きることのほうが大切です。食べ物についても、タブーのようなものはありません。すべては親神様のお与えですから、「ありがたい」と感謝して頂くことがよいとされています。 食べ物の恵みを通じて、親神様のご守護を日々味わわせてもらう。これが、天理教を信仰する者の大きな喜びの一つです。 食べ物のめぐみ 食べ物のめぐみ (A4)

O valor do alimento

食べ物のめぐみ 天理教の教祖「おやさま」は、「菜の葉一枚でも、粗末にせぬように」と教えられました。これは,単に節約が美徳であるという意味ではなく、親神様のご守護により与えられるものを決して無駄にせず、ありがたく頂戴する、という意味が含まれています。 またおやさまは、魚を食べる時には、「おいしい、おいしいと言うてやっておくれ」とも言われました。 一つひとつの尊い命を私たち人間に捧げてくれている、魚や動物たち。それをまずいなどと文句を並べるのは、せっかくの命を軽視するだけでなく、親神様のお心を無視することにもなります。 天理教では、形のうえでの戒律はありません。何かを守るという姿勢よりも、積極的に喜び勇んで生きることのほうが大切です。食べ物についても、タブーのようなものはありません。すべては親神様のお与えですから、「ありがたい」と感謝して頂くことがよいとされています。 食べ物の恵みを通じて、親神様のご守護を日々味わわせてもらう。これが、天理教を信仰する者の大きな喜びの一つです。 O valor do alimento O valor do alimento (A4)

Пища как божественная милость

食べ物のめぐみ 天理教の教祖「おやさま」は、「菜の葉一枚でも、粗末にせぬように」と教えられました。これは,単に節約が美徳であるという意味ではなく、親神様のご守護により与えられるものを決して無駄にせず、ありがたく頂戴する、という意味が含まれています。 またおやさまは、魚を食べる時には、「おいしい、おいしいと言うてやっておくれ」とも言われました。 一つひとつの尊い命を私たち人間に捧げてくれている、魚や動物たち。それをまずいなどと文句を並べるのは、せっかくの命を軽視するだけでなく、親神様のお心を無視することにもなります。 天理教では、形のうえでの戒律はありません。何かを守るという姿勢よりも、積極的に喜び勇んで生きることのほうが大切です。食べ物についても、タブーのようなものはありません。すべては親神様のお与えですから、「ありがたい」と感謝して頂くことがよいとされています。 食べ物の恵みを通じて、親神様のご守護を日々味わわせてもらう。これが、天理教を信仰する者の大きな喜びの一つです。 Пища как божественная милость Пища как божественная милость (A4)

อาหารเป็ นของประทานจากพระผู้เป็ นเจ้า

食べ物のめぐみ 天理教の教祖「おやさま」は、「菜の葉一枚でも、粗末にせぬように」と教えられました。これは,単に節約が美徳であるという意味ではなく、親神様のご守護により与えられるものを決して無駄にせず、ありがたく頂戴する、という意味が含まれています。 またおやさまは、魚を食べる時には、「おいしい、おいしいと言うてやっておくれ」とも言われました。 一つひとつの尊い命を私たち人間に捧げてくれている、魚や動物たち。それをまずいなどと文句を並べるのは、せっかくの命を軽視するだけでなく、親神様のお心を無視することにもなります。 天理教では、形のうえでの戒律はありません。何かを守るという姿勢よりも、積極的に喜び勇んで生きることのほうが大切です。食べ物についても、タブーのようなものはありません。すべては親神様のお与えですから、「ありがたい」と感謝して頂くことがよいとされています。 食べ物の恵みを通じて、親神様のご守護を日々味わわせてもらう。これが、天理教を信仰する者の大きな喜びの一つです。 อาหารเป็ นของประทานจากพระผู้เป็ นเจ้า อาหารเป็ นของประทานจากพระผู้เป็ นเจ้า (A4)